動脈硬化は、血管の老化によってどんどん進行する病気です。動脈の血管が固くなっていくことで、血管の弾力がなくなって詰まり易くなったり、心臓に負担がかかったり、破れて出血しやすくなったりします。この動脈硬化は、血管の老化現象であると同時に、生活習慣によっては病状の進行速度が急激に早くなる特徴がありますね。例としては、大量の飲酒、ストレス、喫煙、栄養状態、肥満などですね。特に、血液の中にコレステロールが多いと、コレステロールが血管の内壁に沈着しやすくなり、その結果として、動脈硬化が進行しやすくなります。一方、高脂血症は、血液中に含まれるコレステロールや中性脂肪の量が、異常に高い状態になった病気です。つまり、動脈硬化が進行する一番の原因となる血液中のコレステロールや中性脂肪が増加しているとあって、高脂血症と診断されるということは、動脈硬化が進行していると考えられるでしょう。また、逆に、動脈硬化が進行している状態では、高脂血症である可能性が高い事になりますね。その上、肥満体型の人だったら、血液中のコレステロールや中性脂肪・糖分が多いケースがほとんどなので、高脂血症や動脈硬化、またはその双方が進行しやすくなったのです。血液中のコレステロールを抑えるためには、食事内容の改善が必要になります。意識しながら糖分や脂肪分の多い食事を控えることで、高脂血症も動脈硬化も進行を遅くすることができますー